セフレ化はしない!欲求不満で出会い系を利用する、40歳のむっちり人妻とのセックス体験談

40歳のむっちり人妻とセックス

出会い系を利用する人妻の、9割がセックス目的という人妻・熟女好きには素晴らしい展開。サクサクっとセックスするなら40代を狙うのが手っ取り早かったりする。熟女好きに限りますけど。

 

管理人さんぺい、出会い系サイトでセックス相手を探す時は、10人単位くらいでメッセージを送る事が多くて、たま~に返信率が高く豊漁の時があるんだが、そんな時に引っ掛かった40歳のむっちり人妻との体験談を紹介したい。

 

欲求不満な人妻と知り合ったのはミントCJメール

出会い系サイトの専業主婦

 

人妻・熟女狙いと言えばミントCJメール。専業主婦や人妻の巣窟となっております。他のサイトでも20~50代と幅広い年齢層にアプローチしたわけだが、サクサクっとセックスできそうな相手をチョイスした結果、欲求不満な人妻とのやりとりを増やしていく。

 

ホテルに連れ込むまでの期間は1週間!

ミントCJメールのプロフ検索で発見した、40代の人妻にメッセージを送る。

②相手の方からライン交換を希望され、画像交換をした結果、なんとかさんぺいの顔面でもOKが出る。

③欲求不満全開なラインだったから、クンニ好きをアピールしまくっているとサクサクっと1週間後に会う約束ができる。

 

→掲示板で舐め犬を募集していた女に会い、数時間クンニしてきたのとおり、さんぺいはクンニ好きで、出会い系の女もクンニの反応がすこぶるよく、いつもクンニ作戦はお世話になっている。

 

ミントCJで知り合って、ホテルに連れ込むまでの期間は1週間。都合がすぐ合ったとはいえ、人妻相手に1週間はそこそこ早い展開。

 

40歳のむっちり人妻とセックス体験談

むっちり人妻の体

さんぺいが指定された場所まで迎えに行くと、画像で見たよりぽっちゃりと言うかむっちりな人妻さんが待っている。ガリガリよりはムッチムチやぽっちゃりの方が好きなので、これはありがたい!パンパンに膨らんだ股間のまま挨拶を交わし、軽く話してから約束どおりラブホテルへと直行する。

 

ラブホテルまでの道中で、出会い系で会ってセックスした男の人数が18人とびっくり。ラインの段階で性病だけは気を付けたいと言っていたが、会った人数が多ければ多いほど構えてしまう。クンニの約束をしたのはいいが、性病マンコをクンニとか無理なので、舐める前にしっかりチェックしておきたいところ。

人妻のムッチムチなアソコを1時間クンニしたった

部屋に入ると、人妻の目つきが変わり色っぽく豹変。

 

まずは一緒にシャワーを浴び、ムッチムチな肉体を綺麗に洗ってあげる。これから舐める予定のアソコは、溝や穴周辺をメインに愛撫している風にしながら、さんぺいが綺麗に洗ってあげた。ボディーソープを割れ目に塗り込んで、グリグリ洗ってあげていると、何度流してもヌルヌルなマン汁が溢れ出してきて、感度は抜群みたい。

 

あっここで人妻のプロフィールを

 

  • 40歳の人妻
  • 子持ち
  • ムッチムチ体型、お尻とおっぱいは小さい
  • セックスレスになってから、出会い系でHした男性人数は18人

 

慣れたらクセになっちゃった」とぶっ飛んだ発言をしていて、最初は恐る恐る出会い系を使ってセフレを探したら、すぐに男性が見つかるもんだから、慣れてクセになってヤリマン化しているよう。

 

こういう女の人は出会い系にたくさんいるが、不特定多数と生でやりまくっているのもいて、性病だけは気を付けたい。

 

これから舐めるアソコを徹底的に綺麗に洗い、一緒にベットに潜り込むと証明を暗くしていく。

 

ゆっくり体を愛撫し割れ目に到達。

 

薄暗い中、40歳の人妻のアソコをチェックすると、片方だけ大きなビラビラの中に、真っ赤に充血して大きく勃起したクリトリス。見た目は凄く綺麗でいやらしく、穴の方からの匂いもなく清潔感は感じ、チェックが終了したのでクンニを始める事に。

 

割れ目周辺から舐め始め、焦らしながらクリトリスを舌で突いていると、ジュワジュワっと溢れ出すマン汁。体をビクビクさせながら、可愛らしい高い声で喘いでいて、反応が良い女性へのクンニはやっぱり楽しい。焦らし続けたクリトリスを口に含んで転がしてみると、ブリンブリンと存在感がかなり凄いデカクリ。

 

尿道の方から舌先で強く押し込みながら舐めていると、ジュルっと潮のようなものが口の中を直撃!

 

イクイクイクイク~っと何度も太ももで顔を挟まれながら、絶頂寸前までいく度にクンニをストップし焦らす。舐め犬さんぺいのクンニを1時間お見舞いし、最後に行く時は全身を震わせながら大絶叫してたw

 

欲求不満妻の奉仕精神は0です・・・・・・

人妻の絶頂が回復するのを待って、1時間もクンニしたんだからフェラしてくれないかなっと隣に座ってみると、一向に何もしてくれない・・・・・・・。こっちから責めてくるのを待っているようで、「舐めて」とお願いしてみると、一瞬イヤそうな顔をされたし、適当なフェラだったので萎える前に挿入する事に。

 

こっちに色々させておいて、何もしてくれない女ってのは少なくない。フツメンとも言えないさんぺいの見た目もあるのかな?とは思うが、セックスの流れで断られたり、イヤな顔をされると一瞬で冷めてしまう。

 

まぁいいや、ホテルにあるコンドームを付けて正常位で人妻の割れ目を掻き分けていく。

騎乗位でクリを擦り付けながら乱れる人妻

挿入を開始すると、めちゃくちゃ感度が良いようで、すぐに乱れ始める人妻。そんな乱れた人妻を見たさんぺいは興奮し、キスをしようとするも唇が触れる直前で顔を背けられてしまう・・・・・。もーーーいちいち萎えさせてくるなぁ。

 

はぁ・・・・・・・イケメンに生まれたかった。

 

後からキスを拒否った素振りを聞いてみたら、「キスだけは感情入っちゃうから、旦那への罪悪感が強まる」みたいな事を言っていたけどどうだかね。

 

騎乗位が好きだって聞いていたので上に乗ってもらう。

 

自分でグリグリと角度を調節していると思ったら、ゆっくりとエロい腰使いで目を閉じてさんぺいの粗チンを楽しみ始める人妻。

 

中の良いところに亀頭を当てながら、臀部でクリトリスを擦るとか、さんぺいが腰を振らなくても勝手に楽しんでくれる楽な展開だが、この人妻の騎乗位・・・・残念ながら気持ちよくはない。グリグリとクリトリスを擦り付けるのに夢中になってるから、こっちの臀部が痛くなってくる。

 

中でイったのか、クリでイったのか、中がギュウギュウと痙攣し始めガクガク震えているが、ちょっと痛いからそろそろ限界。

 

たまに下から突いてみると、「動かさないで!」と手で押さえつけられるし、こっち楽しんでないんだけどー。最後は締め付ける様に前後にズブズブやられて、ちょっと痛みを感じている内に発射してしまったよう。興奮と痛みにせめぎ合いの中でイクと気持ちよさ半減するんだね。

 

自分本位のセックスは3回戦目へ

人妻とのセックスは、クンニはさせる、フェラはしない、キスもしない、好きな体位をさせてくれない、こっちのタイミングでイかせてくれないと酷いもんである。

 

相手の方から跨ってくるから、跨ってくるたびに発射はして3回戦。

 

跨ってくる積極性は最高にエロい展開ではあるが、それ以外が自分本位すぎて最悪。何度も膣がキュッキュッと痙攣していたから、中なのかクリなのか何回かはいったんでしょうけどね。

 

自己中セックスすぎてセフレにしたくない人妻

いつもならよっぽどの事がない限り、次回へ繋げ、都合の良い時に発散し合えるセフレ化希望なのですが、今回体験談で書いた人妻は1回で勘弁。

 

体の相性というか、噛み合ってもいなかったから、誘っても断られるかな?とも思ったが、「またクンニして欲しい」と、なんと人妻の方からリピートのお願いがw

 

もっとタイプならクンニ要因でも喜んで受けていたが、さすがに自分本位すぎるセックスはもう勘弁なので、「OK」と適当に返事をして40歳人妻とのセックスが終了する。

 

人妻の欲求不満のはけ口となったさんぺい・・・・・

出会い系初心者だったら、欲求不満な人妻ってワードだけで勃起しちゃいそうなエロスを感じそうですよね。中にはエロスの塊みたいな完璧な出会いもあるが、後味があまり良くない出会いだってたくさんある。

 

出会い系で知り合って、顔画像交換した時に「う~んタイプじゃないけど、クンニいっぱいしてくれるって言うし、まぁいっか~」って感じに、クンニ要因と欲求不満のはけ口にされただけかな。

 

どの年代で、どんな女でも、クンニって言葉は効くって事だけが欲わかった体験談でした。

 

出会い系はエロい女と知り合えても当たり外れはある

セフレを作るならぽっちゃり熟女を狙え!簡単に落とせる理由とは?にも書いてあるとおり、出会い系の人妻や熟女の殆どはセックス相手を探しているエロい女である事は間違いない。しかも落としやすいんだから狙わない手はないが、出会えたとしても当たりは外れはあるもので、ハズレひいても心折らずに、最高の女を目指して頑張って欲しい。

 

さんぺい
さんぺい

ちょっとイケメンに嫉妬した体験談だったが、→見た目に自信がないブサメンが、出会い系サイトで経験人数が3桁を突破した方法を伝授みたいな事ができるのが出会い系サイト。かなり前の体験談ですが、今となっては人妻のエロい腰使いをたまに思い出してムラっとくる時がある。まさかこんな事が起こるは・・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました