【ゲイ体験談】バイセクシャル男が、巨根おじさんにガン堀りされてトコロテンとドライでイキまくる

巨根でドライオーガズム

前立腺を開発されてから、ちょっと男に興味を持ってしまい、禁断のゲイセックスの世界へ足を踏み入れてしまったさんぺい。バイセクシャルとは書いているものの、決して男に対して恋愛感情を抱くわけでもなく、たまにアナルの快感を求めて掘って欲しいと思ってしまう、ウケ的な思考。

 

たぶん目覚める人と、そうじゃない人がいるんだろうけど、さんぺいは完全に目覚めてしまった人間。アナニーで欲求を解消する日々を送りながら、普通の女とセフレとセックスしているのだが、たまに我慢の限界がくる。10数年我慢し続けたが、ちょっと前に箍が外れる。

 

一人の男がアナルの快感にハマって、男とセックスするまでの流れに興味がある人だけ↓の体験談も併せて読んでみて欲しい。

 

●さんぺいがアナルの快感にハマるまで

  1. 元風俗嬢に前立腺を開発されて、アナルの快感に目覚めてしまった衝撃的な出会い体験
  2. ゲイの出会い。女が好きなんだけど興味があって、初めて男とセックスしてみた
  3. ニューハーフ(男の娘)の出会い!女にしか見えない男とセックスしてみた

 

アナルが疼いて男を求めて、中年おじさんと知り合うまで

ゲイの出会い

 

 

初めて男とセックスをした時にお世話になった、ワクワクメールではなく今回はPC★MAXの掲示板で、アナルが疼いた時にたまに覗いては「やっぱハマってしまいそうだからやめておこう」と何度も、メッセージを送るギリギリでストップしていた。

 

ちなみに好みと言うか、「こんな男なら掘られてもOK」と思うタイプがあって、女の好みと一緒で、同年代か中年くらいが良い。理由は自分でもよくわからない。

 

PC★MAXの同性愛掲示板でおじさんと出会う

①PC★MAXの同性愛掲示板に書き込んでいた、40代の彼氏募集中のおじさんにメッセージを送ってみる。

②速攻で返信があり、勢いにまかせてライン交換からの画像交換。

③翌日、早速会う事になる。

 

性病だけは怖いので、なるべく遊んでいなさそうな恋人募集中のおじさんをチョイスしてみたw 画像交換してみると、いかにも中年おじさんっぽいガチムチ?体型で、ラインの感じはとにかく丁寧でやさしい。

 

凄く複雑だが、さんぺいの画像を見て「タイプ!」と言ってくれたのは、不思議と嬉しかった。翌日会う事になったのだが、それまでは「病気が怖いから、Hするならとにかくセーフセックスでお願いします」と念を押しておく。

 

その時の性欲によってコロコロ変わる心境

女とセックスする時も、欲求が溜まっていれば溜まっているほど変態的なセックスも受け入れられる状態になるように、相手が男でもその時の性欲で心境がコロコロ変わる。

 

アナルで感じたい!」と思う時は性欲がマックスの時だけで、基本は男好きではないから、性欲が極限まで溜まっている時じゃなきゃ掘られたいとは一切思わない。

 

約束して翌日会う事になったが、この性欲が明日まで持つかどうか・・・・・・。

 

巨根のおじさんにガン堀りされたゲイセックス体験談

巨根おじさんのガン堀り

翌日。

 

夜に会う約束をしているが、まだ朝なんでムラムラは殆ど無し。仕事をしながら、今日掘られるかもしれない事を想像するも、なんだかイマイチ乗ってこない。たぶん昨日抜いてしまったのが原因かと思う。

 

女に会う時でも、会う日に性欲のピークを持ってきたいのだが、なかなかうまく行かず、そこで編み出したのが下半身の筋肉を徹底的に追い込むスクワット。

 

だるいくらいまでスクワットで下半身を追い込むと、数時間後に必ずと言っていいほどムラムラ状態が始まる事が発覚して以来、この方法で性欲を上げている。下半身のだるさを感じた夕方くらいになると、一気にムラムラしてきたぁーーーー。

 

話し難いカフェのような場所に行く

女と違って、話しさえ合ったら即セックスが予想されるゲイの出会い。

 

待ち合わせ場所に到着すると、思ったより小柄な中年男性が待っていて、軽く話す場所を探して入ったカフェがまぁー話し難い。

 

●ここで中年おじさんのスペックを発表

 

  • 47歳
  • 既婚で子持ち
  • 濃い顔立ちでふつ面
  • 165センチくらい
  • ムチムチ系
  • 職業はSE
  • 出会い系サイトではセフレと恋人を募集していた
  • タチもウケも両方いけるリバってやつです

 

30代後半から男に興味を持ち始めたようで、結婚して子供もいるが、離婚して男と一緒になりたいとすら思っているガチガチのゲイおじさん。突然、恋愛対象が同性になったりもするんだね。

 

ちなみに今回はPC★MAXで募集していましたが、たくさんのサイトを利用していて、恋人募集となるとなかなか反応がないみたい・・・・・。

 

隣に会話が筒抜け状態のカフェを出て、歩きながら話す事に。ただただ掘られてアナルの疼きを解消したいだけのさんぺいは、早いとこ誘ってきてくれないかなっとソワソワ。

 

さんぺいの男体験を話していると、「そんじゃこれから行く?」と待ちに待ったお誘いを受けて、2人でタクシーに乗り込み、男同士でも入れるホテルへ。

 

洗っていない股間をベロベロ舐めてくるおじさん

めちゃくちゃ人目を気にしながらホテルに入り、スクワットと歩いて突かれたのでソファーで休んでいると、股間に手が伸びてきて、絶妙な力加減で股間を揉まれる。

 

初めて会う女とセックスする時より、何故かギンギンにフル勃起しているおチンチン。

 

脱がしてあげるね

 

パンツと一緒にズボンを脱がせられ、ソファーの上でチングリ反しのような恥ずかしい格好にされる。

 

絶対臭いはずの股間周辺の匂いをちょっとだけ嗅ぐと、ベロベロと舐めまわしてくるおじさん。家でアナルはめちゃくちゃ綺麗にしてきたが、ちょっと水分が残っていたようで、快感でアナルがヒクヒクする度に何か漏れそうな感じ。

 

そんなのお構いなしに鼻息を荒くしたおじさんは、アナルに舌を突っ込む勢いで舐めてくる。変な興奮と快感でカウパー液がダラダラ。根元から扱きあげてジュワっと溢れたカウパーをチュパっと舐めてくれる。

 

アナル、蟻の門渡り、玉裏、玉、竿、亀頭、鼠蹊部と舐め残しがないくらいベロベロに舐められた。

 

経験少ないんだよね?しゃぶれる?」興奮しまくっていたさんぺいは、「大丈夫です」と頷き、これまた洗っていないおじさんのチンポをしゃぶる。

 

汗でむせ返るようなおじさんの巨根をしゃぶる

パンパンに張った股間から、チンチンを取り出してみる。

 

クッソデカい・・・・・

 

思わず口に出ちゃうくらいのたくましさで、長さは普通だけどとにかく太い巨根。

 

包茎チンチンなので、少し皮をめくって顔を近づけてみるとむせ返るような匂い。「うっ」と思ったが、我慢してしゃぶる。しゃぶっていると興奮してくる。

 

ほら美味いか?

 

顔を両手でがっつり固定されて、喉奥へとチンチンを突っ込んでくるおじさん。→自分がSかMか知りたくて、出会い系にいた女王様に会ってみた結果で、自分はSよりのMだと発覚したが、相手が男となるとMっ気が強くなるかもしれない。

 

「掘られたい」受け身感情がそうさせるんだろうが、これが慣れてくると理性がぶっ飛ぶくらい興奮する。きっとこれが禁断の扉を開けるかどうかの瀬戸際なんだろうね。

 

その辺にいそうな中年おじさんの巨根を、口いっぱいに頬張ってフェラしている自分。ここで冷めるか開き直るかなんだが、開き直りの方に舵をきると「チンポマジで美味しい」などと思ってしまうから大変。

 

口パンパンのフェラ奉仕が終わり、一度腸内に残っていた水分をトイレで綺麗に排出。

 

ローションがなかったので、ホテルのローションを購入して、アナルの中にたっぷりローションを注入。

 

永遠と指でアナルをほじられてトコロテン

おじさんにお尻を向けて、四つん這い待機のさんぺい。

 

おじさんの太い指がニュルニュルっと入ってきて、アナニーしているのは伝えているので、最初から3本で前立腺を擦ってくる。ここで精神のスイッチを入れると、すぐにでもドライでイケそうな感じ。

 

括約筋をユルユルにした状態と、ギュッと締めた状態での指ピストンを楽しんでいると、ドロドロっと亀頭から白い液体が漏れ出す。

 

おじさんの指の腹が前立腺を強く圧迫し、ゆっくり前後に擦られていると頭真っ白になりそうなくらい気持ちいぃ。女のような高い声が出てしまい、めちゃくちゃ恥ずかしいが、このまま欲望のままに乱れたら、失神しそうなくらいの快感を得られそう。

 

我慢しないで声出していいんだよ」お尻をいやらしく触られながら、やさしい言葉をかけられ、遠慮なく喘ぎ始めると、下腹部がギュ~~~っと締まり痙攣し、まずは尿道が痙攣、更に圧迫している指に意識をやると興奮して、そのままお漏らししちゃったかのようにトコロテン。

 

アナニープロのさんぺいは、トコロテンでイクかドライでイクかスイッチで切り替えられるだけのアナルプロw

 

トコロテンで精子を出したい時は、骨盤底筋を意識しながら指ピストンに身をまかせてほじくり出す感じなんだけど、ドライでイキたい時は、とにかく意識を物理的刺激ではなく興奮がMAXになるような状況に向けると、イキ分けできる。

 

もちろんガン堀りされている時は、そんな余裕がないのでドライ→ドライ→トコロテン→ドライとイキ地獄状態になったりもする。

 

巨根おじさんのガン堀りは、意識が飛びそうなくらい気持ち良すぎる

もうアナルを締める力もないくらいトロトロにされたさんぺいは、しっかりコンドームをつけてもらいバックから挿入。

 

指の時とはまた違う圧迫感。

 

そして、抜くときにゴリっと前立腺をえぐる亀頭。

 

強くピストンされる度に、人肌の温もりとおじさんの圧し掛かる体重が心地よく、本当に経験したら戻れなくなるのがわかるくらい気持ちいい。

 

もう何をしても気持ちいい状態が出来上がったさんぺいは、おじさんの一突き一突きに叫びながら感じ、チンチンの下のシーツは、おしっこなのかカウパーなのかトコロテンなのがビチョビチョ。

 

正常位になって、両乳首をギュッと摘ままれた状態で、下から前立腺を突き上げるようなピストンをされ、ここからは気持ち良すぎて何が何だか覚えていない・・・・。

 

15分くらいの、そう長くはないガン堀りだったが、イキすぎてぐったり。

 

血管切れそうなくらい顔真っ赤だよ」とおじさんに言われた事は覚えている。

 

女みたいなカワイイ声を出して喘ぐおじさん

2時間くらい休むと「今度は入れて欲しい」とおじさんにお願いされ、今度はさんぺいがタチ役に。さっきさんぺいがされたように、イラマチオ気味でしゃぶらせて、何故かこの時はS心が強いw

 

シャワーでアナルを綺麗にしてもらうと、サンペイの一般的サイズのおチンチンをおじさんのアナルにズブっと捻じ込んでいく。「どちらかというと女役だ」と言っていたおじさんのアナルは、形が崩れたガバガバアナルで、奥に突っ込むとムニュっとした気持ち良いポイントにあたるが、それ以外はスッカスカ・・・・・。

 

もうっちょっと締めてよ」そうお願いして、さんぺいのガン堀りをお見舞いする。

 

見た目とはギャップがありすぎる喘ぎ声で、感じれば感じるほど喘ぎ声が女化。

 

アンッ気持ちいぃ~い。もっと突いて突いて突いてー」どんどんと乱れていくおじさんを目の当たりにして、びっくりしながらも興奮する。

 

キスを求められたが、そこはやんわりスルーしてガン堀りに集中。

 

おじさんは俺と違ってドライやトコロテンを毎回経験できるタイプではないそうだが、かなり気持ちよさそうに感じている。

 

そして大声で喘ぎまくるおじさんのアナルに発射。

 

おじさんをセフレ化してしまった・・・・・

お互い満足したセックス。恋愛感情は一切ないが、とにかく快感がやばい。

 

初めてゲイセックスを経験してから10数年経過して、アナニーだけで留めておいたのに、ついにまた手を出してしまったゲイセックス。

 

しかも、見た目もお互いイケて、性の部分もあうとか、セフレ化まったなし・・・・・。

 

これは最近の体験談で、アナルが疼いた時だけ会って、掘り合ってます(笑)

 

付き合いたいなどは思わないが、中年おじさんを見ると掘られたくなる体に

今まではオナニーもセックスも女がメインだったが、今回の中年おじさんを経験してから、ちょっとだけ中年が出ているゲイ動画を見てしまうようになってしまった・・・・。

 

掘られて感じまくっているおじさんと、巨根で掘りまくるドSなおじさんの2パターンで興奮してしまっている自分がいる。

 

この経験があって、また性の方向性が変わってしまったのだろう。

 

みんな!アナルの快感は危険だから、アナニーだけで留めておいて!

コメント

タイトルとURLをコピーしました